格安航空券を使って国内旅行!LCCはこんなにお得

シンプルな分退屈にはなる

庶民も飛行機に乗りやすい時代 / 高くても空で食べることに意味がある / シンプルな分退屈にはなる

搭乗日当日の動きです。
LCCのターミナルはメインターミナルから離れた場所にあることが多いので、到着時間に余裕を持たせます。
基本的にはメインターミナルからシャトルバスでの移動です。
チェックインはキオスクで行い、預け荷物はカウンターへ持って行きます。
その後は出国手続きやセキュリテイチェックがあるのですが、LCCターミナルはシンプルな上に暇をつぶすお店が少ないのでやや退屈しました。
スマートフォンの予備バッテリーや本など暇つぶしグッズがあると助かります。
飛行機への搭乗は歩いて外付けされた階段を上って行きます。
飛行機の写真を撮ろうと思ったら、そのまま前に進んでくださいとアナウンスがありドキッとさせられました。
風が強いので帽子やスカーフ、手持ちのお土産が飛ばされないように気を付ける必要があります。
搭乗後はまた暇つぶしグッズが活躍します。
個別モニターが各座席に用意されていないので、何も無い場合はひたすら空を眺めるか寝るかの2択になってしまいます。
個別モニターがあっても、映画を見るには利用料がかかります。
こうやってサービスをカットして格安航空券が生まれるんだなぁと実感します。
現地空港でもLCC専用ターミナルに到着するので、そこからメインターミナルへ移動するのにまた時間がかかります。
時間に余裕のある人はよいけれど、タイトなスケジュールの人には不向きです。
とにかく節約したい、時間がたっぷりある!と言う人にはとってもおすすめな格安航空券。
私も次の旅行でまた利用したいと考えています。

格安航空券 | 飛行機 予約